モニター写真(医師/男性)セッション4

セッション4前後写真


Y.K.さん(医師・男性・30代)

(左- セッション前 右- セッション後)

DSCN2801 DSCN2805

DSCN2802 DSCN2806


施術者から

前回のセッションから約2ヶ月ぶり。深層の最初のセッションで、カラダの内側に働きかける第4セッション。

体重を支える際には、カラダの内側を意識することがとても大事になります。
第4セッション、そして次の第5セッションでは下半身と上半身の繋がりを作っていきます。

Deep-Front-Line脚と骨盤を繋ぐ筋肉/筋膜と骨盤の底にある筋肉/筋膜(骨盤底筋群)を中心に調整していきます。

セッション前には、足の外側を使う傾向がありましたが、セッション後には足の内側をうまく使いながら立つことができるようになりました。

膝を曲げたり、歩いている時もカラダの内側を(下半身)からコア(上半身)への繋がりが増し、安定感を増しました。このセッションでは下半身への働きかけだけでしたが、下からの繋がりが増したために、骨盤、背骨、首とまっすぐ伸びています。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中