「本」「旅」「出会い」を大切にしたい理由。

日本に帰って来てから、早くも半年以上が過ぎました。

アメリカ滞在から世界一周で、日本からかなりの期間離れていました。
浦島太郎感はいなめませんが、帰国後もたくさんの方に助けられながら、なんとかやってきています。

特に今月はいろんな方との再会や食事会の機会が多く、人に会うことでたくさんのパワーをもらえるなと再確認しているこの頃。

自分の中で、昔から大切にしたいなと思っている3つのことがあります。

それは、

「本を読むこと」

「旅をすること」

「人に会うこと」

先日、そんな話しを友人にしていた時に言われて、はっとした言葉。

「結局のところ、こーすけさんが見てるのは人なんですね。」

「本」「旅」「出会い」違う方法から見ていたものは一緒だったのかも。

book

留学時代からかなり読み始めた本。

なんで本を読むのか?

それは、自分の知らない人生や経験、そこから得た知恵を垣間見る。単純に、人生に生かす知識を増やす。もしくは、楽しさや悲しみ、感動などの感情を経験する、新たに発見するなど。

その目的はさまざま。

だけど、すべての本に通じることは、それがどんな種類の本であったとしても、「著者の表現したものが本に詰まっているということ」なんじゃないかなと。

著者が伝えたいこと、表現したものを、本という方法を使って知ることができる。

旅も同じだと思う。

footprint

旅をすることで、未知の場所を訪れ、異文化を知り、雰囲気を感じ、その土地の食や建築物を見ることができる。そして、旅の中でたくさんの人にも出会う。

旅に求めるものは人それぞれ。しかし、それが何であったとしても、その土地独特のものは、その国や地域の人が作りあげてきたもの。

食でも、建築でも、医療でも、文化でも、

人が築きあげてきたものを知ることで、人を知ることにもなる。

旅で出会うものはすべて、その土地の人が築きあげてきたもの」

meeting people

最後の「人に会う」というのは、文字通りですよね。

人に会えば、その人の雰囲気や姿勢、考え方や哲学、自分とは違うものをたくさん見ることができます。

自分とは違うものを持つ人、対照になるものを通して、自分を更に理解していく。

自分と似たものを感じる人に出会い、信じるものをさらに確立していく。

「人に会うこと、話しをすることで、自分がなにものなのかを知っていく」のかなと思ったりします。

単純に人の話しを聞くのが好きっていうこともあるんですけどね。

10914729_817935274933671_1951730476831212851_o

幸運にも、たくさんのユニークな方々に会い、話しをする機会があります。

「伸びる人は、バカでまっすぐな人」

「三十路なんてまだまだ。40代からやっと独り立ちよ」とバリバリのキャリアウーマンの方に言われて、はっとしました。

自分の信じる道にまっすぐ。

あと約1週間で30歳。

少し落ち着こうとしていたのが、似合わない。

30代もバカでまっすぐに突き進みたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中