わたしの履歴(3)

さて前回(わたしの履歴(2))の続きです。大学院を辞めたところまで書きました^^

大学院時代は、正直いろんな意味で辛い時期でもありました。
大学院に入るまでは、留学前からの目標であった「アスレチックトレーナーの資格を取る」そして、「プロのチームで働くこと」に向かって邁進/集中できていましたが、その二つを形にできたことでやりきった感が多少なりありました。そして、スポーツチームの中で働くことに制限を感じていたことも事実。何十何百というアスリートがいる現場では、一人一人じっくり診ていくことは難しいところがあります。アスリート/チームの最終目標である「試合に勝つこと」を優先することで、「カラダをじっくり診る」ということに集中するのが難しい場面も出てきます。その過程で1対1でじっくりと身体を見つめ直していくということに惹かれ、ロルフィングに出会います。

アスレチックトレーナーについて少し、

2013年に起きたボストンマラソンの爆弾テロ事件では、みんなが逃げる中、アスレチックトレーナーは最後まで現場に残り、被害者の手当にあたっていたと聞きました。まだまだ認知度/環境と恵まれている仕事ではありませんが、スポーツの現場に絶対に必要な仕事です。アスレチックトレーナーの仕事に対する情熱や姿勢やプロフェッショナリズムが、もっと認知されたらと強く願います。そして、「アスレチックトレーニング」と「ロルフィング」は僕の中で欠かせないものなので多くの人に貢献できるよう、これからもこの二つを生かしていけたらと思います。

大学院を辞めた後、日本に帰国して世界一周の準備を進めました。

世界一周に出ることを決めた理由は、「世界の医療を見たい/学びたい」と「日本/アメリカ以外の文化や人を見てみたい」ということの2つがありました。アメリカでスポーツ医学を長らく勉強してきたこと、そして、スポーツ現場で感じたことから、カラダ、しいてはココロの不調の根本の原因を取り除くにはどうしたらいいのか?という部分に興味が増していきました。人のカラダを細分化して悪いところに集中して治していく西洋の医療と違った、ヒト全体を診ていく医療の勉強をしてみたくなりました。メジャーリーグでも、日本人の鍼灸/マッサージ師が働いていましたし、ホリスティック医療(ヒト全体を診ていく)という流れに戻ってきているのかなぁとも感じました。日本で高校卒業まで育ち、それからアメリカ。僕自身が感じるところでは、日本とアメリカは両極の文化を持っているような気がしました。良いところも悪いところも感じましたが、もっと他の国の文化や人を知りたいという気持ちが大きくなり、世界一周に出る理由の一つになりました。

この時期を振り返って一つだけアドバイスできることがあるとすれば、「オープンに誰かに相談してみる」ということ。

僕自身、何か大きな決断をする時はいつも一人で決めてきました。
大学院を辞める時も、世界一周に出ることも、ロルフィングをやることも。いつも事後報告になってしまう周りの方には申し訳なく思います。これまでの決断に後悔はありませんが、もう少しいろいろな人に相談したら良かったかなとも思います。一人で考えていると視野が狭くなり、同じ悩みをループしがちになりますよね。人に話すことで考えがまとまりますし、多くの情報や考え方を得ることで、選択の幅が広がっていくと思います。そして、最後は自分で決めるということだけ大切にしていれば大丈夫な気がします。

僕も日々勉強中です。

すいません、、世界一周まで辿り着けませんでした。。(笑)

次回こそは。続く。

ロルファー™仲間との食事会(大塚英文さんと森部高史さん)

group-dining
先日ロルファー™仲間との食事会をセットアップさせていただく機会があった。
アスレティックトレーナーからロルファー®に転身、そして僕がオフィスを使わせていただいている西麻布でKukuna Bodyを主催されている森部高史さんと世界一周の際にロルファー認定を受けたという共通点があり、最近渋谷で活動を始めた大塚英文さん。お二人とも人生経験が豊かで、ロルファーになるまでの経歴を見てもそれが分かる。森部 高史さんは高校で英語教師として働いた後、アメリカの大学院にアスレティックトレーニング(スポーツ医学)を学びに留学、ハワイ大学でアスレティックトレーナーとして活躍。大塚英文さんは、日本のトップ大学で薬学博士号を取得、研究者として活躍の後、製薬会社でマーケティングからロルファーに転身。お二人の経歴をここでは書ききれないと思うので、気になる方はお二人のホームページをご覧になっていただきたい。

お二人と話していた時に印象に残った言葉。

「自分の棚卸を定期的にすること」

自分が持っているものをどういうふうに生かしていくのか?
多くの新しい情報が常に溢れている今、それを追いかけることに必死で、何か足りないという不安感ばかりが先走っている人が多いのかなと思います。そこで、今ままで自分がしてきたことを冷静に客観視すること、認めること、そしてそれをアウトプットしながら伸ばしていくことを大切なのかなと感じます。ロルフィングでもこれは同じ。施術の際には、まずはクライアントさんが持っているリソース(今あるよいところ)を認め、それを生かすように施術をしていきます。どこを治すというところよりも、今あるいいところを伸ばしていく。これも一つの棚卸作業になるのかなと感じています。

「場数を踏むこと」

人のカラダをみること、施術をすること、プレゼンをすること、すべてに共通するところは、場数を踏むことよって成長するということ。幸運なことに、ロルフィングを通じて多くの人と向き合う機会に恵まれている。まだまだ未熟ではあるが、場数を少しづつ踏んでいく過程で、頭を通してではなく、今までの経験から感じる直感(なんとなくここ)という感覚が多くなってくる。ドイツに滞在の際にお世話になった鎌田孝美さんも繰り返しおっしゃていた「ニュートラル」でいること、先入観なく、自らが感じるものを信頼することの大切さを日々強く感じている。そして、これから少人数のセミナーなどを開催したいとの気持ちがあるので、プレゼンテーション、人前に立つということについても、「場数」が大事であるとアドバイスをいただいた。留学中にアメリカの授業スタイルで多くのプレゼンテーションをしてきた経験はあるが、まだまだ場数が足りないという気持ちがある。先日、参加させていただいた「ロルフィング説明会」でもプレゼンの機会をいただいたが、色々と感じるところがあったので、また改めて書きたいと思います。

「自信に根拠はいらない」

自信に根拠を求めていると、いつまでも比較対照の迷宮に迷いこんでしまう。もちろん、努力をしたり、時間をかけて準備をすることは大事である。それを前提として考え、その時の自分がベストだと思うことで、自信を持って臨むことができると思う。「もっと時間があれば」、「もっと準備をしておけば」、「もっと頑張っていたら」、「あの人と比べたら」など、先日のブログ(器の大きいバカ)でも書かせていただいたが、批判的な目で見ることによって、いつも何かが足りない気持ちになると思う。今あるものを認め、自信を持つ。何かを反省するのは、ことが終わった後で十分だと思う。

堅苦しくないこのような食事会の機会には、多くの金言が散らばっているんですよね。
お忙しい中、貴重な機会をいただき、どうもありがとうございました!

アスレティックトレーナーという仕事

11008892_845491225511409_305153293_n


今回は僕の以前していた仕事で原点でもある、「アスレティックトレーナー」について少し書きたいと思います。

「アスレティックトレーナー」って名前を聞いても、どういう仕事なんだろう?と疑問に思も人も多いと思います。

アメリカでは国家資格の準医療資格にあたり、スポーツが盛んでアメリカンフットボールなどの命に関わる怪我やアクシデントが起こるアメリカでは重要な仕事になっています。

高校や大学、プロスポーツチームに所属し、アスリートの怪我の予防や評価にマネージメント、リハビリから選手に対する怪我予防の教育と幅広い仕事をします。

アスレティックトレーナーになるには、まずCAATE(http://caate.net/)に認定された大学、もしくは大学院のプログラムに入り、通常2年間で800時間の実習とアスレティックトレーナーに必要な知識の授業を履修します。

必修科目には、栄養学・人体解剖学・運動学/バイオメカニクス・生理学・運動生理学・アスレティックトレーニング基礎・アスレティックトレーニング応用などが含まれ、

プログラムを修了後に、国家試験(全米アスレティックトレーナーズ協会(National Athletic Trainers’ Association – http://www.nata.org/)に受かり、初めて認定アスレティックトレーナーになることが出来ます。
日本の学生さんの中にも、将来はアメリカでアスレティックトレーナーの勉強をしたいという方が多いと思います。

そういう方々によく聞かれる質問の一つに、

「どうやったらプロスポーツチームで働くことができるの?」

というものがあります。

「アメリカの高いレベルのプロチームで働きたい!」という強い気持ちを持っている人が沢山います。

学生の頃は僕もその中の一人でした。

そして、幸運にもプロのスポーツチームで働く経験をさしてもらい、

2010年に世界一の野球チームで働けたことは、今でも貴重な経験になっています。

プロで働くチャンスを掴むためには、実力社会のアメリカでは意外と思われるかもしれませんが、「人望」だと僕は思います。

ほとんどの人はインターンとしてプロチームで経験を積み、評価と信頼を得て、正式にアスレティックトレーナーとして働きます。

もちろん高い技術や知識を持っていることは必要ですが、一番大事なのはアスリートからもチームのスタッフからも信頼される姿勢でいること。

インターンで働く機会を得るのも、学生として働いている時にどういう態度・気持ちで働いているかを評価されて、チームに推薦されます。

練習や試合、遠征、多くの時間を一緒に行動するアスレティックトレーナーにとって、やはり信頼出来る仲間が求められるんです。

先を読む力、コーチや監督/選手や親御さん達(高校生の場合)とのコミュニケーション能力、長い労働時間での力の抜き方やユーモア。
いいアスレティックトレーナーを測るには多くのものさしがあります。

幅広い仕事だからこそ、まずは信頼される人でいることが大事なんです。

まずは「人」ありき、そして、勤勉に真摯に働く日本人は向いていると思いますし、高い評価を受けます。

だから、アメリカでアスレティックトレーナーとして働きたいという目標を持っている人がいたら、頑張ってください!

目の前のことや人に真摯に向き合っていくことができたら、目標にたどり着くチャンスは大きくなると思います

僕はロルファーという道に進みましたが、アスレティックトレーナーという仕事をとても尊敬しています。

アスレティックトレーナーもロルファーも、アスリートにとっては必要な仕事です。

アスリートの怪我の予防にパファーマンス向上、痛みの軽減に、怪我からの回復を早める為、

日本でも、もっと多くのアスリートやスポーツ愛好家のみなさんに活用してもらえたら嬉しいですね!