モニター写真(医師/男性)セッション6

セッション6前後写真


Y.K.さん(医師・男性・30代)

左- セッション前    右- セッション後

IMG_5699 IMG_5703

IMG_5700 IMG_5704

IMG_5701 IMG_5705

IMG_5702 IMG_5706


施術者から

肋骨の怪我により、前回のセッションから間が空いてしまいましたが、モニタークライアントさんの写真を掲載させていただきます。まずは、Y.K.さんが怪我から無事回復し、セッションを受けられるようになったことがとても嬉しいですね!

まず久しぶりに身体を診させていただいた印象としましては、約3ヶ月の間隔があったにも関わらず、しっかりと以前のセッションからの身体の変化が維持できていたこと。骨盤の位置からの下半身の安定性、第四、第五セッションで増した身体の中心軸とからだ前面の自由さ。怪我の影響はもちろん見られましたが、そこを維持できていたことで「ロルフィング」のすごさを改めて確認させていただきました。

肋骨の怪我の影響があり、やはり身体の右側は怪我をかばうように短縮している様子も見受けられました。一度受けた衝撃や痛みによって、その周りの組織は身体を固めようとします。そして、痛みを感じないように「痛みを感じること」自体を放棄して、その部分の感覚/意識が薄くなっていきます。基本的な第六セッションのテーマである「仙骨を自由にし、そこから背骨への力の伝達/動きを促進する」に沿いながらも、右側の肋骨周りの解放、意識/感覚の回復に重点をおき、セッションを進めていきました。

同時に小児科医師という仕事柄、小さい子供に視線を合わせる(視線や体勢が下方向に向かう)ことが多いと予測されることやデスクワークの多さなど、身体の前面の意識が増し、反対に身体の後ろの意識の薄さが感じられました。そこで、身体の後面に働きかけるセッション6では、身体の後面に一枚板のようなサポートを創り、安心して重心を預けられるようにすること。そして、背中と頭の周りの空間意識を増すことで、身体の重心位置が変わっていくこと。後ろの意識を引き出すことで、前面が開き、固まっていた怪我部分も自由に動き出し、呼吸も楽になった印象がありました。

次回は肩、首頭周りに特化した第7セッションになります。これまでのセッションで安定性をました下半身に、自由になった上半身。その上の頭のポジションを整えることになります。首と頭の付け根、背中上部、肩周りに疲れが溜まりやすいクライアントさんにとって、とても気持ちのいいセッションになるかなと予想しています。

モニター写真(医師/男性)セッション5

セッション5前後写真


Y.K.さん(医師・男性・30代)

左- セッション前     右- セッション後

DSCN2825 DSCN2829

DSCN2827 DSCN2831

DSCN2828 DSCN2832


施術者から

前回のセッションの続きとなる深層に働きかける第5セッション。カラダの前面、特に下半身と上半身をつなぐ要の筋肉に注目していきます。

Iliopsoas

仕事柄やはりデスクワークが多くなり、カラダの前面が閉じてしまう傾向がありましたが、前と後ろの2方向への膨らみが増し、バランスが良くなりました。

歩行時は下を見る癖があり、ベクトルが地面の方向に向かう傾向がありましたが、一つ一つの言葉掛けに対して、とても慎重にカラダの感覚を感じることが出来るY.K.さんなので、地面からのサポートに加え、スカイフック(頭が上方向に引っ張られる)からの支えや、視線の変化、見えないところの空間認識など、イメージによる働きかけがとても有効でした。

クライアントさんが感覚に向き合う時間とスペースの大切さを強く感じます。

もともと柔らかい骨盤前面の筋肉を持っているので、そこを緩めるというよりは、もう少し活性化させて、うまく使えるように多くの細かい動作を加えながらセッションを進めていきました。

骨盤の位置から、コアが安定したことにより、腸腰筋(下半身と上半身をつなぐ)の働きがスムーズになりました。カラダの真ん中に一本、中心軸もしっかりとしてきました。

Centerline

ホームエクササイズとしてコアを安定させるものをお教えして、第5セッションは終了になりました。一つ一つのセッションで感覚を探るように、新しい発見があります。次回のセッションも楽しみです。

モニター体験談(元看護師/女性)セッション5

A.K.さん(女性・30代・元看護師・主婦)


前回と今回のセッションは深部へのアプローチということだったが、前回は寝不足で施術中爆睡 (笑) 今回も所々で寝てしまいました。

でも、この寝れちゃった施術後に思ったことは、ロルフィングの“痛み”って、他のマッサージとちょっと違う?って。あくまでも個人的な感想で、上手く伝えられないけど、よくあるマッサージって、凝ってる所を力の強弱で押したり揉んだり、強くすれば当たり前だけど痛い。

ロルフィングは、もちろん痛い所もあるけど、むやみに力を入れないって感じ。必要な所に必要なだけの力と目的のアプローチをする。

だから、マッサージでは力の加減をよく聞かれるけど、ロルフィング中は、痛みの加減についてはあまり聞かれず、アプローチに必要な「〜してみて」や、その時の感じ方がよく聞かれる。重要なのは力ではなく、それぞれの部位へのアプローチ方法って感じた。

それで施術後の感想は、施術前に感じていた外側にかかる足裏の重心、内側に重心をかけずらかったのが、比較的均一に変わった。内側へ力を入れる感覚が良く分からなかったのに、足裏の内側から脚の内側、骨盤から上半身の内部へ力が伝わる感覚が少し理解できた。

「足がよく疲れる」って伝えると、外側に力を入れることは、外に力が逃げやすく、下半身だけで歩いているということになりがち。

内側も上手に使うと内部で上半身につながっているため、全身を上手く使うことができ、下半身が疲れにくいと教わった。

施術後は足の疲れが軽減し、それをとても実感した。また歩き方や注意点も教えてもらい、実践すると、より姿勢が良くなっている感覚と、今までどれだけ姿勢が悪い=体に負荷をかけていたのかも良く分かりました。


(シリーズも半分終わったということで、第1セッションと第5セッションの写真を掲載します。)

(左- セッション1前 右- セッション5後)

DSCN2667 (1) DSCN2821 (1)

DSCN2668 (1) DSCN2822 (1)

DSCN2669DSCN2823

DSCN2670 (1) DSCN2824 (1)


施術者から

今回は10回シリーズのちょうど半分、区切りの5回目のセッション。これまでのセッションで、A.K.さんのカラダへの意識や日常での感じ方に変化があるようで、とても嬉しいです。

前回のセッションに続き、下半身の深部から上半身のつながりを強く意識した第5セッションになりました。セッション前に使いがちになっていた、下半身の表層の筋肉(外側にある大きな筋肉)から深いところに位置している筋肉への意識を高めることに集中しました。そうすることによって、歩行時の脚の蹴りが伸び、下半身と上半身でのひねりが増えました。

Walking
第1セッションからこの第5セッションの間で、骨盤がうまく立ち、骨盤から背骨の関係性、そして、骨盤と胸郭(胸)などカラダのそれぞれの位置が平行性を増しました。

Horizontal
カラダのバランスが良くなって、負担の少ないキレイな姿勢になってきました。
凛とした印象を受けます。

rolfing
繊細な感覚を持ち、さまざまな変化/反応を見せてくれるA.Kさん、
これからの10シリーズの後半戦でも、どのような変化が現れるか僕も楽しみです。

モニター写真(医師/男性)セッション4

セッション4前後写真


Y.K.さん(医師・男性・30代)

(左- セッション前 右- セッション後)

DSCN2801 DSCN2805

DSCN2802 DSCN2806


施術者から

前回のセッションから約2ヶ月ぶり。深層の最初のセッションで、カラダの内側に働きかける
第4セッション。体重を支える際には、カラダの内側を意識することがとても大事になります。

第4セッション、そして次の第5セッションでは下半身と上半身の繋がりを作っていきます。

Deep-Front-Line

脚と骨盤を繋ぐ筋肉/筋膜と骨盤の底にある筋肉/筋膜(骨盤底筋群)を中心に調整していきます。

セッション前には、足の外側を使う傾向がありましたが、セッション後には足の内側をうまく使いながら立つことができるようになりました。

膝を曲げたり、歩いている時もカラダの内側を(下半身)からコア(上半身)への繋がりが増し、安定感を増しました。このセッションでは下半身への働きかけだけでしたが、下からの繋がりが増したために、骨盤、背骨、首とまっすぐ伸びています。

モニター体験談(元看護師/女性)セッション4

A.K. さん(女性・30代・元看護師・主婦)


モニターさんがセッションを受けた時期に疲れが溜まっており、はっきりした感想が書けないということで、写真だけになります。(体重のかかり方が均一になり、重心が安定したとの感想はいただきました。)


(左- セッション前 右- セッション後)

DSCN2807 DSCN2811

DSCN2809 DSCN2814

DSCN2808DSCN2813


施術者から

深層の最初の第4セッション。準備段階と言える表層の3セッションが終わり、これからは様々な変化が起きる可能性があります。内側のラインに働きかけることで、下半身からのサポートが増して、体の中心(コア)を上手く使い安定さを増しています。下からのサポートが上半身をうまく持ち上げることで、地面からのサポートと頭の上から引っ張られるような2方向からの支えが出来始めています。
blocklogo
体前面が開いたことにより、今ままでは前に集中していた意識が横/後ろにも広がり、空間認識が増したことにより、幅広い視界と見方ができるようになっています。足振りなどを通して、コアから下半身/足への繋がりを意識してもらいました。歩行時には胸や頭の位置、そして頭の後方の意識が希薄だったので、そこの感覚と意識を導き出せるようにしました。A.K. さんは新しい身体の位置は反り返ったイメージになり、「こんなにそっていいの??」と驚かれていましたが、新たな身体ポジションを感じることにより、新たな可能性が広がります。

walking (1)

モニター体験談(ランナー/男性)セッション7

木村 誠さん(株式会社ランナート 代表取締役 – http://runart.jp )

ロルフィング7回目の感想


7回目は、首周りや頭などがテーマだということでした。

今回は、前回セッション時に「やるかやらないか選べます」といわれていた、「口」「鼻」についての施術が一番印象的でした。

口の中からしかアプローチできない部分や、鼻(の穴の中!)にアプローチすることでできることがあるということで、ぜひやってもらいました。

いろいろすごかったです(笑)

といっても痛いわけではないし衛生的にもとても安全な方法でやってくれているので、安心して身をあずけられました。

やはり7回目ということで、佐藤先生はもはや私の身体のことを一番知っているくらいの先生です。

信頼関係も深くなっているので何の不安もなかったですね。

口と鼻はかなり特殊ですが、首などの施術もとても心地良かったです。
肩や首が凝っている人にはこの施術だけでもだいぶ楽になると思います。

私の場合は、ロルフィングの価値は、受けたその場の気持ち良さとかビフォーアフターではないと感じていて、

その後の経過、数日後とか数週間後とか、さらにいうと今後の人生にずっと生かされていく「意識」や「感覚」にこそ本当の価値があると思っています。

たとえば、私の場合は「頭の位置が前にありすぎることが多いので、理想的な位置に戻そう」という意識を日常的に持てたことが、とても大きな財産になっています。

文字にすると簡単なことのようですが、これは、佐藤先生のロルフィングを受けなければまず気づけなかったことだと思っています。

なので、その場の変化の感覚もすごく良いのはもちろん、家に帰ってからとか翌日以降のほうが楽しみだったりもします。

残り3回も楽しみです。


(左-セッション前 右-セッション後)

DSCN2775 DSCN2779

DSCN2777 DSCN2781

DSCN2778 DSCN2782

DSCN2776 DSCN2780


施術者から

肩、首、頭を中心に働きかける第7セッション。これまでのセッションで、頭の位置が後方に移動し、上半身の上で安定していました。このセッションでも、体の前面が開き、首は上に伸び、首(頚椎)と胸(胸椎)の背骨の間の繋がり/動きがスムーズになりました。目にも力強さが増して、すっきりした表情に見えます。

第7セッションまで来ると、クライアントさん自身の身体感覚も磨かれ、様々な気づきがあります。僕自身とても大事にしている部分なので、木村さんにそれを感じてもらえていたのは個人的にも、とても嬉しいことでした!深層のセッションが終わり、10シリーズも残り3回。次回からは統合のセッションになります。

モニター体験談(ランナー/男性)セッション6

木村 誠さん (パーソナルトレーナー/矯正用インソール正規販売代理店代表)

ロルフィング6回目の感想


今回は、カラダの背面の調整がテーマとのこと。

実は3回目のセッション後から、腰に決して悪い感じではない違和感が時々出現していたのですが、

佐藤先生いわく

「骨盤が前傾しすぎていたのが理想的な位置に近づいてきたから、そのバランスを取る過程でまだカラダが<交渉中>なんだと思う」ということでした。

僕も海外の矯正用インソールを販売しているのでその感覚は深く理解しています。そうだろうな、という感じでした。

カラダがこれまで長年過ごしてきた姿勢から変わってきているのだから、違和感が出るのは至極当然です。

それに、違和感自体がたまにしか出ないし、出てもすぐに気にならなくなるので、痛いとかそういうことではなかったので、ランニングや生活に支障もまったくありませんでした。

ですがその違和感も、今回の背中のセッションを経たからか、はたまたカラダが順応してきたのか消えました。

施術はうつ伏せになって足裏から臀部、背中にかけての筋膜へのアプローチ、仰向けでの首周り、そして座った状態での背骨や背中周りのアプローチといった具合でした。

これは僕へのオーダーメイドかもしれませんが、座った状態でのローテーションの歪みを改善するアプローチもしてくれ、即効的にも効果を感じとても良い感じでした。

(ロルフィングには即効性を求めないところに真の効果があると感じていますが)

ちなみに毎回、歩行と姿勢をしっかりと評価してくれるのですが、これもとても信頼感があります。

今回は骨盤(仙骨)の動きが良くなり、上体との連動が上手になったということでした。

また、自分の感覚としては、立っている感覚が施術前よりも良い感じでした。

ランニングフォームもかなり 変化してきた感覚があります。

腕振りと骨盤の連動性がとても良くなった感覚があり、より効率的かつダイナミックな走りができています。

この「感覚」がつかめてくるというのも、ロルフィングならではだと思います。

普通にいわゆる「筋膜リリース」をしただけでは絶対到達できない領域です。

カラダ全体、さらには心や生活スタイルも含めたその人全体を捉えた包括的かつ連続的なアプローチであるロルフィングだからこその結果だと思います。

次回もさらに楽しみです。


左- セッション前 右- セッション後

DSCN2767 DSCN2771

DSCN2769 DSCN2773

DSCN2770 DSCN2774

DSCN2768 DSCN2772


施術者から

カラダの背面に働きかける6回目のセッション。背面の意識が増えたことにより、やや前方にあった重心が、後方に移動しています。これまでのセッションで腰と上体の位置関係が変化し、負担の掛かり方も変わっていましたが、このセッションで骨盤の位置が安定したことにより、上半身といいバランスを取っています。骨盤(仙腸関節)の動きが滑らかになり、全身のつながり、動きがダイナミックになりました。次回は深層の最後のセッションになります。

モニター写真(医師/男性)セッション3

モニターさん セッション3前後の写真


Y.K. さん(30代・医師・男性)

左 – セッション前 右 – セッション後

DSCN2759 DSCN2763

DSCN2761 DSCN2765

DSCN2760 DSCN2764

DSCN2762 DSCN2766


施術者から

体の横のラインを整える第三セッション。腰のカーブが出来てきたことによって、背骨が綺麗なS字を作り始めています。丸まっていた背中と首はニョキッと上に伸び、耳(写真では見えませんが)、肩、骨盤、足と体側のラインが整っています。医師という仕事柄、デスクワークが多いY.K.さんですが、椅子に座っている時の意識や感覚が変わってきており、体に負担の少ない姿勢をとれている感覚があるようです。セッション後の姿勢は、のびのびとした軽さを増した印象を受けますね。重力に逆らわない負担の少ない姿勢になると、自然と綺麗な姿勢になります。次からは深層のセッションに入ります。

モニター体験談(元看護師/女性)セッション3

A.K.さん(女性・30代・元看護師・主婦)


・3回目セッションの感想

自分でも感じていたが施術前は、肩周りの可動域が狭かった。

横に寝たときに、腕を上げて床につかない。抱っこひもの背中の止め具がなかなかできない。など・・・。

なにより肩凝りがひどい。施術前のボディチェックで腕を真横から頭の上に上げて行くときには、引っかかる感じがあって、1番上まで行くのに無理した感じだった。

それが、施術後には驚くほどとてもスムーズに上がり、違いを実感した。肩凝りもラクになりに、可動域も広がった。

日常で自ら(自己流)肩周りを動かしたり、マッサージしていてもまったく変化なしだったのに、一度でこの変化は嬉しかった!!

セッションを繰り返す中で、鈍感な私でも少しずつだが、違いや変化を感じ、施術後の気持ち良さがいい。次からも楽しみです^_^


(左- セッション前 右- セッション後)

DSCN2753 (1) DSCN2757 (1)

DSCN2752 (1) DSCN2756 (1)


施術者から

カラダの横のラインに働きかける第三セッション。肩、肩甲骨周りが緩み、自然な位置にあります。肩甲骨と腕の動きが上手く連携できるようになり、腕の上げ下げの可動域も大きくなりました。セッション前には少し反り返っていた印象のあった背中が真っ直ぐ綺麗になり、上に伸びています。A.K.さんもセッションが進むにつれ、身体や感覚の変化を楽しんでもらえているようで、私もとても嬉しいです。今回で表層のセッションが終了。次回からは変化の大きくなる深層のセッションになります。

モニター体験談(ランナー/男性)セッション5

木村 誠さん (パーソナルトレーナー/矯正用インソール正規販売代理店代表)

ロルフィング5回目感想


今回のテーマは深層部、カラダの前面ということでした。

自分の場合はランニングフォーム等で前傾を意識しすぎていたからか、腸腰筋などが短縮してしまっているとのこと。

さらに、上体のローテーションがあり、その歪みも改善していくように施術をしてくださいました。

他の方への施術がどうかはわかりませんが、かなり自分に対してオーダーメイド色の強いアプローチをしてくれているように感じました。

ロルフィングは10セッションと回数が決まっていて、さらに各回ごとにテーマも定まっているので、1回目のセッションのときに施術はある程度マニュアルチックに行われるのか?それとも対象者に合わせて内容が全然変わるものなのか?を伺ったのですが、

佐藤先生からは「ある程度のフレームはあるが、施術者によってもアプローチは違う」とのことでした。

これは近しい業界に身を置く立場(トレーナー)としても、信頼感がとても高いです。

それでいて、ロルファーさんがカラダに接する職業として非常に高度なレベルの方々であることを示してくれています。


※(個人の見解になります)

接骨院や整骨院、またはチェーン展開している整体院などでは、

バイトを雇って、バイトでもできるような即戦力マニュアルを作り、

規模の拡大をさせるのが定石なわけですが、もちろんそういうことをやると一定のサービスしか提供できず、簡単にいうと質が悪いわけです。

そういうところでは、痛い部分を揉むとかストレッチするとかそういうレベルのことしかできません。

そりゃそうですよね。インスタントな知識ですからね。

でもそれが、患者さんには質が悪いのか良いのか判断できないことも非常に多いわけです。


佐藤先生のロルフィングは、それらのインスタントな施術とは対極にありますね。

本当に質の高い、お客さんのことを本気で考えてくれる本物の施術であると心底感じています。

僕もカラダに密接に関わっていく仕事をしているので、経験や知識、メソッドの「深さ」がわかるんです。

こういう本物の施術を受ければ、カラダの根本的な原因の解決にめちゃくちゃ大きく貢献してくれるだろうと思います。

さて施術後は、前述のローテーションの歪みが改善された感じがあり、より深く呼吸ができるようになった感覚がありました。

毎回毎回、新たな気づきがあり、自分のカラダが洗練されていくような気がして本当に気持ちが良いです。

これは僕が常々求めている感覚なので、非常に嬉しいです。

次も楽しみです。


(左 – セッション前  右 – セッション後)

DSCN2743 DSCN2747

DSCN2745 DSCN2749

DSCN2744 DSCN2748

DSCN2746 DSCN2750

施術者から

体の前面に働きかける第五セッション。ランナーの木村さんは、前傾気味に重心があり、太ももなどに負担が掛かる姿勢でしたが、これまでのセッションで重心が安定した位置に戻ってきています。このセッションでも体の前面が伸び、重心がさらに安定した位置にあります。木村さんも新たな感覚を楽しんくれているようで、これからの10シリーズ後半が楽しみです。