プラスを見つけるクセ

みなさん、こんにちは!

耕ロルフィングの佐藤です。

昨日は台風がすごかったですね。。強風が窓に当たる音を聴きながら、一晩を過ごしました。
みなさん、影響はなかったですか?

昨日からアウトプットに関しての本を読み出したので、今日は久しぶりにブログを書こうかなと思い、パソコンに向かっています。

(外は天気がいいので、散歩に行きたい衝動を抑えつつ 笑)


「プラスを見る/伝えることの大切さ」

think positive

先日、体験セッションにお越し下さった方の言葉がとても印象的でした。

「これまでは針やマッサージなどいろんなところに行って、どれだけ私のカラダが悪いのかを言われて来た。毎回落ち込みながら帰っていました。

今日もセッション中にどんなひどいことを言われるかビクビクしていたけど、ここは違いました。希望が湧いて、これからカラダもココロも良くなって行くような気がします。」

カラダに向き合う仕事をしていると、間違え探しのように悪い部分(改善が必要な)を見つけるクセがつきやすいことは理解できるのですが、、

「カラダ、ガチガチですね〜!」

「かなりバランス崩れてますよ!」

「これは早く治さないと、ひどいことになりますよ!」

悪気はないんでしょうが、こんな言葉を聞いて気分がいい人はいないはず。。

相手が機械であれば、故障した部分を見つけて、説明して、修理して、、と単純に行くのですが、私たちが普段向き合っているのは、感情を持った人。

正しいことであっても、相手がどう受け取るか、その一言が相手をプラスの方向に導くのかを最優先に考えないといけないなぁ、と思います。


「ロルフィングはその人が持っているプラスを伸ばす作業」

Happy-Thumbs-Up-Guy

ロルフィングのトレーニングを受けている時に、よく言われた言葉。

「誰でも、どの身体にも、いいところがある。そのプラスを見つけるクセをつけること。そしてそれを伝えてあげなさい。」

カラダの悩みを抱えている人は、毎日自分のカラダの痛みや動きづらさを感じている。

だから誰よりも、カラダのマイナス(あえて言うと)は実感しているはず。

マイナスに焦点を当てると、プラスは見えなくなる。

だから、僕たちがまずやることは、今のあなたがどれだけいいところを持っているかということ。

今、読んでいる本からのアウトプットを少し^^

ポジティブな言葉を多く話している職場の方が離職率や成績がいいらしい。

ポジティブな言葉とネガティブな言葉の比率が3:1を下回ると、会社への愛着が低く、離職率が高まり、もっとも業績の高いチームではポジティブ比が6:1にまで達している。

(これは夫婦間でも一緒の傾向があるらしいですよ〜^^)

プラスを見つけるクセは毎日カラダと向き合っている専門家だけではなく、どの場面にも言えることなんですね!

人と向き合っているということを忘れずにいたいですね。

ではでは、また^^


 

英語のロルフィングの感想をいただきました!(ハワイ出身/エリザベス マーフィーさん)

Elizabeth Murphy – Testimonial on her Rolfing experience.
(エリザベス マーフィーさん/ロルフィングセッションについての感想)

IMG_0578

(日本語は英語の後にあります^^)

Kosuke is incredibly good at what he does!  I am from Hawaii, but lived in Japan for a few months while I was studying for the bar exam.  I first came to Kosuke because I was getting headaches every other day, and knew that I had to get rid of the headaches in order to study effectively.  I’d gotten a lot of massages and had rolfing sessions before, and can honestly say that Kosuke is an expert at massaging the suboccipital muscles (the ones that connect the base of the head to the neck)!  By the end of each session with him, my head and neck would feel nothing short of amazing.  More importantly, Kosuke’s treatments had a significant impact on the headaches themselves: after only a few sessions with him, I barely got any headaches at all.  I also came in with chronic pain in my upper back and neck, and Kosuke’s treatments worked wonders on my back and neck as well.

Kosuke is not only great at what he does; he is also a genuinely nice and caring person.  At first I was concerned because I don’t speak Japanese at all, but Kosuke’s English is excellent.  Also, in comparison to what I’ve found in the US, his rates are very reasonable.  If you are thinking about getting a rolfing treatment with Kosuke, please don’t hesitate. His treatments are the best that Tokyo has to offer and are worth every penny!


(日本語訳)

耕祐は非常に優れたロルファーです!

私はハワイ出身ですが、司法試験の勉強をしながら、数ヶ月日本に滞在していました。耕ロルフィングに来るまでは、2日に1度のペースで頭痛があり、試験勉強に集中するためには、なんとかしなければいけないと思っていました。これまで多くのマッサージやロルフィングを受けてきましたが、耕祐より後頭下筋群(後頭部と首をつなぐ筋肉)をゆるめることが上手い人はいませんでした!セッション後には、ビックリするほどに私の頭と首は楽になっていました。最も重要だったことは、彼とのセッションが頭痛の軽減に大きな影響を与えてくれたことです:数回のセッション後には、ほとんど頭痛が起きなくなりました。同時に、慢性的な肩と首の痛みに対しても、大きな効果がありました。

耕祐は技術が優れているだけではなく、とても思いやりがあり信頼を置けるロルファーです。私は日本語が喋れないので、最初不安がありましたが、彼は英語が流暢で安心しました。それに加え、アメリカで受けたロルフィングのセッションに比べて、彼のセッションはリーズナブルで通いやすいです。もし、耕祐からセッションを受けることを考えているとしたら、強くオススメします。彼のセッションは東京で受けられるベストなものであり、その価値があります!


【耕ロルフィング 佐藤から】

ハワイに戻り、司法試験も無事終わり、ひと段落したとのメールをいただきました。
お忙し中とても嬉しい感想をいただき、本当に感謝です。ありがとうございます!

また日本にいらした時に、お会いできるのを楽しみにしています^^

何をするかより、誰と一緒にするかが大切

こんにちは!

耕ロルフィングの佐藤です。

もうすぐひな祭りですね。

セッションルームの入り口には桃の花を飾っています。
クライアントさんからも、【いいね!】のお言葉をいただき嬉しい限りです。

少しでも季節感が出せればいいかなと思っています^^

28424866_1770207356373120_3997428161745975178_o


【何をするかより、誰と過ごすか】

Book

最近読んだ本の中に、こんな言葉がありました。

【つまるところ私たちはみな、たった一度しかない人生を生きている。そして、人生はすべて、ともに生きる人しだいなのだ。】

何をするかも大切だけれど、誰とするかはもっと大切。

同じ時間を過ごすのなら、自分が好きな人たちに囲まれて生きる方がいいですよね。

僕はクライアントさんに恵まれているなぁと、ほんと思います。

毎日好きな人たちと時間を過ごせている。

だからこそ、そんなクライアントさんには自分が信頼する人を紹介したいとも思っています。


【好きな人を好きな人に紹介する】

0c87a44

ロルフィングの10シリーズを修了した方には、健康への意識が増して、これから運動を始めたい/続けたいという方が多くいらっしゃいます。

そんな時には、パーソナルトレーニングやヨガ、ピラティス、登山など、その方とその方のカラダの相性を考えて、専門家にご紹介させていただいています。

誰を紹介させてもらうか、、

その時には自分が信頼している人、好きな人を紹介します。

自分が好きな人を好きな人に紹介する。

これを、勝手に【好きのサイクル】と名付けます^^

サイクル

これが一番じゃないかなと。

またその紹介先で新たな【好きのサイクル】が生まれて、そのまた先で、そして、そのまた先で、大きなサークルを描いて一周する。

そんな形ができたらいいなと。


【好きのサイクルの仲間を増やそう】

おかげさまで、4月から始まる本気の解剖学セミナープラスα(専門家対象)

にご参加いただくメンバー6名が決まりました!

このセミナーでは本気で解剖学を学んで、それぞれの実践で生かせるようにすることが目標。

それと、もう一つ、

このセミナーに集まった6名のメンバーの方たちが、

セミナー修了後に一緒に【好きのサイクル】を描いていく仲間になったらいいなぁと。

その目的で、最後の月には未来編と名付けて、それぞれの仕事でどのように解剖学を生かすことができるかを探っていくことにしました。

共通認識ができれば、お互いを紹介しやすいですし、

【この人はヨガが合ってるな!】

【あっ、この人はパーソナルトレーニングがベストだな!】

【登山なら楽しく長く続けられるかも!】

と、クライアントさんにとって最適な選択ができると思います。


今回のセミナーの参加者は、タイマッサージ、健康運動指導士、ヨガ、ピラティス、声の専門家など幅広いジャンルの方にご参加いただくことになりました。

どのようなサイクルが生まれるのか、今から楽しみです!!

 

 

本気の解剖学セミナー始めます(専門家対象)

みなさん、こんにちは!
耕ロルフィングの佐藤です。

まだまだ寒い日が続きますが、体調の方はいかがでしょうか?
風邪ひかないように暖かくしてくださいね。


突然ですが、4月から専門家向けの新しいセミナーを始めます!
(追記 2018年4月26日:第1期は4月からスタートしました。第2期は2018年7月スタート予定。詳しくは→ 解剖学セミナー


そのセミナーは、

『カラダの専門家のための本気解剖学セミナー プラスα』

20111004210839-e1483963826432

ランナーのためのセルフケア完全ワークショップシリーズにご参加くださった方から多くのリクエストをいただき、開催することにしました。

Runner


※セミナーについて

2c_large_kazukaze36

名前:

カラダの専門家のための本気解剖学セミナー プラスα
(英語と筋膜についても学べる)

メジャーリーグ優勝チームで働いた経験を持つ米国準医療資格者が教えるプロフェッショナルのための本気解剖学とプラスα(英語の解剖学用語と筋膜についても学べる)

398797_264923483568189_163430478_n

特徴:

解剖学に精通した米国ATCが教える本気の解剖学セミナーです。そして筋膜の専門家であるロルファーだからこそ教えられる筋膜の知識と体感、豊富な海外経験で培った英語での解剖学用語をプラスαで学んでいきます。講師は現在大手ヨガスクールで解剖学講義を担当しており、分かりやすく楽しい解剖学が好評を得ています。

少人数制の完全サポートセミナーです。セミナーのみではなく、月1度の疑問を解消するためのマンツーマンレッスンや筋膜を体感するためのロルフィングセッション、限定のフェイスブックグループへのご招待、他ワークショップ割引など、参加者の方の本気に応えるための完全サポートをお約束します。

このセミナーのゴールは、参加者全員が解剖学を自らの仕事に生かせるようになることです。全員がこのゴールを達成できるように最後まで付き合います。

※実践で生かせる5つの力を伸ばしていきます。

参加者条件:

カラダの専門家限定(ボディーワーカー、ヨガ/ピラティスインストラクター、アスレチックトレーナー、パーソナルトレーナー、施術家、セラピスト、運動指導士、スポーツ指導者、専門家を目指している人など)

オープンに他のカラダの専門家と意見交換をできる方

自分の可能性を広げて、成長していきたい方

本気の方

image

内容:

6回シリーズ(月1回の半年コース)
実技:8割 座学:2割のカラダ触って、動かして、感じていく実践型

第1期日程

第2期 2018年7月からスタート日程はこちらへ→ 解剖学セミナー

1.カラダ基礎編    4月14日(土)10:00〜18:00 
(解剖学の基礎となる運動器官系についての理解を深めます)

2.下肢編    5月19日(土)10:00〜18:00
(下肢帯と自由下肢の骨と筋肉、関節、動きの理解を深めます)

3.体幹/脊柱編    6月30日(土)10:00〜18:00 
(カラダの中心の体幹と脊柱について理解を深めます)

4.上肢編    7月14日(土)10:00〜18:00 
(上肢帯と自由上肢の骨と筋肉、関節、動きの理解を深めます)

5.筋膜編    8月18日(土)10:00〜18:00  
(カラダ全体を包み姿勢/バランスを決めている筋膜の理解)

6.未来編    9月22日(土)10:00〜18:00 
(参加者全員が解剖学を仕事で生かせるようにします)

時間:10:00〜18:00 (昼休み1時間)

料金:全6回

通常料金:13万円→第2期限定価格:12万円

さらに、早割:9万5千円(5月13日までの申し込み)
(第2期の料金になります。詳しくは→ 解剖学セミナー

一括払いが基本となりますが、分割の際はご相談ください。

募集人数:

6名限定(最小遂行人数4名)
(一人一人をしっかりとサポートできるように少人数制にしています。)

定員に達し次第締め切ります。

※第1期はおかげさまで定員になりました。
第2期の開催は2018年7月から。詳しくは→ 解剖学セミナー

このセミナーを受けることをオススメする方:

解剖学をじっくり学びたい
実践で生かせる解剖学をわかりやすく学びたい
筋膜について専門家から学びたい
留学してアスレチックトレーナーになりたい
将来海外の資格を取りたい
海外のセミナーで勉強がしたい
英語の文献を読めるようになりたい
カラダの専門家の仲間を作りたい
新しいものを仲間と生み出したい

サポート内容:

半年 月1回(計6回)のワークショップ
月1回の質問/疑問を解消するマンツーマンレッスン(各1時間)
ロルフィングセッション120分(15000円相当)プレゼント
参加者限定フェイスブックグループで質問し放題
ランナーのためのセルフケアワークショップ参加費50パーセントOFF
限定価格で再受講可能(再びの開催はまだ不明です。リクエストがある時のみ)


HomepageBanner_770x320_0

4月:カラダ基礎編

解剖学を実践で生かす5つのチカラ
運動器官系の理解
筋組織
筋肉の種類
動きの中での筋肉の働き
カラダの動きが起こる面
動きの種類
結合組織
骨の特徴
関節の種類
姿勢評価
神経組織
中枢神経
末梢神経
運動神経がいい人は?
カラダを理解するために必要な基礎英語
など

5月:下肢編

下肢帯の筋肉、骨、靭帯
下肢帯の関節と動き
下肢帯の触診
自由下肢の筋肉、骨、靭帯
自由下肢の関節と動き
足部の骨と関節
足のアーチ
自由下肢の触診
下肢の筋肉、骨、関節などの英語名
など

6月:体幹/脊柱編

体幹の骨、筋肉、靭帯
体幹の関節と動き
脊柱の骨と周辺の筋肉
胸郭
体幹の触診
インナーユニットの筋肉
体幹の筋肉、骨、関節などの英語名
など

7月:上肢編

上肢帯の骨、筋肉、靭帯
上肢帯の関節と動き
上肢帯の触診
自由上肢の骨、筋肉、靭帯
自由上肢の関節と動き
手の骨と筋肉
手の関節と動き
上肢の筋肉、骨、関節などの英語名
など

8月:筋膜編

筋膜の理解と体感
筋膜の触診の仕方
筋膜へのアプローチ方法
アナトミートレイン(筋膜ライン)
ロルフィング的アプローチ
手技による筋膜アプローチ
筋膜に関わる解剖学用語の英語名
など

9月:未来編(参加者によるアイデア発表)

解剖学を実践に生かす方法
解剖学の業種によっての使い分け(ボディーワーカー、トレーナー、施術家など)
参加者によるプレゼンテーション(解剖学、それぞれの仕事での生かし方)
参加者を含めてのディスカッション
解剖学のこれからの可能性
など

(内容変更の可能性あり)



なぜ英語の解剖学用語を知っている必要があるのか?

12th-grade-english-homework-help_130007_large

英語の解剖学用語を知っていることは海外のセミナー参加や資格取得、そして文献を読むための基礎になります。もちろん日本/日本語で学べることはたくさんありますが、医療やスポーツ医学で先を行っている海外で勉強をするために最低限の解剖学用語を英語で知っておくことが確実にプラスになります。そして、その必要性はさらに増していくと思いますし、個人的な経験からもなるべく早くこれらの用語に親しんでいくことで、学びのスピードが加速していきます。これから海外で資格取得を考えている方や英語での情報を積極的に得ていきたい人たちの力になれるよう英語で筋肉や骨の名前を覚えていくことにしました。



第6回のセミナーの未来編ってなに?

cq5dam.web.16-9.6

このセミナーはカラダの専門家にとっての交流の場になります。ボディーワーカー、アスレチックトレーナー、パーソナルトレーナー、施術家、セラピストなどと意見交換をしながら、解剖学をそれぞれの場で生かせるような新たな形を探っていきます。もしかしたら、参加者同士で新たな仕事を創り出すことも可能かもしれません。そのために、セミナー最終月では参加者同士でこれから解剖学をどのように活用していくかを発表していただき、それぞれの未来の可能性を広げていきます。

この場に集まる6人だからこそ起こる化学反応、そしてそこから起こるそれぞれのプラスαを生み出していく場所に。セミナー修了後もプラスαがさらなるプラスαを生み出すような。

一生ものの知識、経験、仲間をみんなで創りましょう。



※このセミナーを受けるべき11の理由

1

1. 米国準医療国家資格者からじっくりと解剖学を学べる
2. 筋膜の専門家であるロルファーから筋膜について学べる
3. 世界各地で代替医療の資格を取得した講師から実践で使える解剖学英語を学べる
4. 大手ヨガスクールで年間300時間以上の講義をする講師による分かりやすい解剖学
5. 最大6人少人数の完全サポートセミナー
6. 疑問/質問を解消する月に一度のプライベートレッスン
7. 筋膜をカラダで体感できるロルフィングセッション
8. セミナー参加者限定のフェイスブックページで質問し放題
9. 他ワークショップ割引き(最大50パーセントオフ)
10. 限定価格で再受講が可能
11. カラダの専門家の仲間とともに新しいものを生み出す


講師紹介

佐藤 耕祐(さとう こうすけ)

IMG_7348

米国ロルフ研究所公認ロルファー™(The Rolf® Institute of Structural Integration)
NATA-BOC公認アスレチックトレーナー / NATA-BOC, ATC
全米ヨガアライアンス認定校First ship 「機能解剖学」「ボディーワーク」講師
ユナイテッドフェロー株式会社 耕ロルフィング 主宰

米国準医療資格であるNATA公認アスレチックトレーナーの資格を持ち、米国メジャーリーグチームを含む多数のスポーツ競技チームで働く。その後、西洋医療だけではなく、カラダを部分的ではなくヒト全体として診る医療に惹かれ、世界34カ国を巡りながら現地で多種多様な代替医療資格を取得。幼少の不登校経験から、身体だけではなく心にもポジティブな影響を与えるボディーワークに目覚める。2016年には、ランナー専門の治療院で副院長として足/脚に特化した治療に従事。現在は東京/久我山で認定ロルファーとして、多くのランナーやダンサー、ヨガインストラクター、カラダの悩みを抱えるクライアントなどにセッションとワークショップをおこなう。米国のヨガインストラクター資格取得を目指す生徒対象に年間300時間以上の講義活動もおこなう。


久我山スタジオ 開設1周年感謝キャンペーン

みなさん、こんにちは!
耕-ロルフィングの佐藤です。

今年ももうすぐ終わりですね。残りも悔いのないように頑張りましょう!
そして、すっきりとした身体で新たな1年を向かえるのはどうでしょうか?

キャンペーンのお知らせです。
これまでお世話になった全ての人に、感謝を込めて^^


皆さまへ

耕-ロルフィング久我山スタジオは、多くの皆さまからのご支援ご指導をいただき、おかげ様を持ちまして来年1月で開設1周年を向かえることとなりました。

つきましては、皆さまへの感謝を込めまして下記要領で“久我山スタジオ開設1周年感謝キャンペーン”をご案内させていただきたいと思います。

今後とも、皆さまの身体と心を『自然に、楽しく、美しく』整えるため、より高度な施術をご提供させていただく所存でありますので、引続きご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

※下記のキャンペーンに加えて、最終月(2月)のみ体験セッションを無料で提供しています。
(これまでセッションやワークショップに参加したことがない方に限らせていただきます)

キャンペーン

 


『自然に、楽しく、美しく』

夏休み!(バリで分かったこと)

みなさん、こんにちは!
耕ロルフィングの佐藤です。

まだまだ暑い日が続きますが、みなさん夏バテしていませんか?

今日からお盆休みの方も多いかもしれませんね。

私はというと、8月5日〜9日にかけて夏休みをいただいて、インドネシアのバリに行ってきました!

IMG_6696

インドネシアは行ったことがない国で、あまり下調べもせずに新鮮な気持ちで向かいました。

普段はホテルや移動方法を現地に着いてから探すなど、その場で決めることが多かったのですが、今回は時間も短いのでフライト、ホテル、空港からの送迎が着いたパッケージプランで行くことにしました。

旅をすると、いつも自分を振り返る機会になり、気づくことが多くあります。

【今回の旅で分かったこと】

目的地に行くのが好きなのではなくて、そこまでの道のりが楽しい

長期で旅をしていた時は、移動手段が歩けるところは歩いて、長距離は現地で手配、タクシーなどもその場で交渉と、目的地に行くまでに沢山しなければならないことがありました。

今回は観光地を廻るために車を一日チャーターしたので、その必要はなく目的地を伝えれば何の苦労もなく辿り着くことができる。

楽だし時間を有効活用できて、文句がない、、、、

はずだったのですが、、、

『何かが物足りない。。』

思い返せば、世界一周中に強く記憶に残っているのは『目的地』に着くまでに起こったこと。目的地に着くことは大切なんだけど、そこに簡単に行けるとそれはそれでつまらない。

(贅沢な悩みなのですが、、)

そこに行くまでに、費やした時間、エネルギーと経験が、目的地に付加価値をつけるんだなぁと感じました。

(以前のブログ→ 世界一周に必要なこと/学んだこと。これさえ知っていればタビは100倍楽しい!)

やっぱり、『これだけはしておきたい!』ことは決めた方がいい。

今回の旅でやりたいことが、2つありました。

1. 『仕事のことを考えずにリフレッシュ』

IMG_67702

2. 『ウブドのボディーワークス センターで施術を受ける』

IMG_6740

この二つだけ達成できれば満足。

長期旅行をしていた時には『代替医療を各地で学ぶ/感じる』ということをテーマにしていたので、その他のことにはあまりこだわらずに旅をすることができました。

テーマややりたいことがはっきりしていれば、他のことには縛られずに旅ができる。
小さい縛りを作ることによって、大きな自由が生まれるなぁと感じていました。

時間に追われずに街を散策したり、景色をゆっくり眺めたり、その中で新たな発見も沢山あります。

(以前のブログ→ 世界一周の後に残るモノはなに?タビをタビだけで終わらせない為に知っておきたい4つのこと!

『ロルフィングも10回のシリーズで終わりがある。』

終わりがあるからこそ、シリーズ終了という目的地に向かって、
プロセスを楽しむことができる。

各セッションのテーマ(縛り)があるからこそ、その中で自由を楽しむことができる。

目的地に行くことが目的ではないけど、目的がないとそのプロセスを楽しむことが難しい。

自由すぎると逆に不自由になるなぁ。

身体もきっと完璧を目指すのではなく、制限があったとしてもその中でいかに自由に動くことができるかが大切。

そんなことを、今回の旅を通して感じることができました!!

ではでは、みなさんも夏休み楽しんでください^^

IMG_6673

 

 

ZERO 2周年のセミナーから(ブログを書くときの対象は?)

みなさん、こんにちは!

耕ロルフィング 久我山スタジオの佐藤です。

突然ですが、

耕ロルフィングに来てくれている方の多くは、、

『身体の不調に悩んでいるが他の施術では効果が出なかった方』

『スポーツ/ボディーワークの怪我の予防、改善、パフォーマンスアップを目指している方』

です。

詳しくはこれから^^


先日、渋谷でロルフィング施術ルーム『ZERO ゼロ』を主催している大塚英文さんの開業2周年記念のセミナーに参加してきました。

大塚さんの開業に到るまでの軌跡を追いながら、ボディーワーカーとしてやっていくためにどのような準備をしてきたか、心がけていることなどを聞かせていただきました。

多様で深い経験をとても分かりやすく説明していたのには、『さすが!』と。

大塚さんの人柄に惹かれて集まったセミナーの参加者は、みなさん暖かい雰囲気で質問や会話が生まれる楽しい時間でした!

セミナーの中で特に印象に残ったのが、「ブログを書くときには対象を考える」ということ。

性別、年代、身体/聴覚/視覚タイプ、目的など、できる限り鮮明に読んでもらう人をイメージすることが大切。

「そうかぁ、これまではなんとなくはイメージしていたけど、もっと鮮明にしなければ!」

ということで、

まずは、

これまでロルフィングに来ていただいた方達を、カルテを見ながらエクセルにまとめてみました。


性別  『女性 58% 男性 42%』

男女別では、女性が58%と男性と比べると多め。女性のクライアント比がもっと多いと思っていたので意外な結果でした。最近はランナーの方を中心に男性の方が増えてきたからかな。

性別

年代   『女性』

年代は女性だと30代と20代の合計が65%と、若い年代に多く受けてもらっていることが分かりました。反対に10代の方がいないということも。。(10シリーズ時には19歳の方が一人)自らの経験として若い年代でロルフィングを受けることの効果を強く感じたので、これからも多くの方に来ていただきたいですね^^

年代(女)

年代  『男性』

男性は30代と50代が26%と一番多い割合でした。20代も22%と女性と比べると各年代に均等に受けていただいている印象です。世界一周の際には、30代の方に多く出会いました。この年代では何かしらの転機を求める人が多いのかもしれないですね。それをロルフィングに求めてくれているのかも。50代の男性も定年を前に、新しいものをとロルフィングに辿り着く人が多いのではないかと思います。

年代(男)

タイプ  『女性』

女性のタイプ別では一番多かったのが体調の改善目的(首肩こり、腰痛、頭痛など)、その次にダンサーの方(チアやフィギュアスケートを含む)、その次にボディーワーク(ヨガやピラティス、太極拳、武道など)をしている方、そしてランナーのみなさん。

タイプ(女性)

タイプ 『男性』

男性では一番多かったのがランナーの方(短距離を含む)、次に体調改善、その他のスポーツ(テニス、サッカー、野球、プロレス、自転車など)、そしてボディーワークをされている方。男性ではランナー比が高く、ボディーワークの方が少ないのが印象的です。

タイプ(男性)

こう改めて今までセッションに来てくださった方、現在来ていただいている方を見てみると、

『女性ではダンサーとボディーワーク(ヨガやピラティスなど)をしている方』

『男性ではランナーの方』が多いことが分かりました。

そして、『女性男性に関わらずロルフィングに体調改善を目的としている方が多くいる。』ということ。

つまりは、、、、

『身体の不調に悩んでいるが他の施術では効果が出なかった方』

または、

『スポーツ/ボディーワークの怪我の予防、改善、パフォーマンスアップを目指している方』

が多く来ていただいている!

なるほど、、、

これを参考にこれからブログを書きます!^^

好きをシゴトに耕し突き進む、耕゛(ゴー)の日セミナーを始めます。

みなさん、こんにちは!
耕-ロルフィング 久我山スタジオ代表の佐藤です。

突然ですが、、、、、

毎月5日 に、GO(5)の日として、『やりたいことに突き進んでいる人』と『突き進みたい人』を応援するためのセミナーを開始します!

GOの日

どんなものかと言うと、「好きなことを仕事にしている人」をお招きして、「好きなことをして生きていくためのコツ」をお伝えしていただくもの。

好きなことを仕事にしている人の共通点は、【自分を信じて突き進んでいる(GO ゴー)】こと。

なので、毎月5日に開催します!(単純。。)

第一回目は僭越ながら、僕自身がスピーカーとしてお話しさせていただきます。
※予定を変更して、素敵なゲストスピーカーをお招きできることになりました!!


毎月5日に行われる5(ゴー)の日セミナー第一弾

メインテーマ
『好きなことを見つける、突き詰める、仕事にする』

開催日時:7月5日(水)18:30〜20:30
開催場所:耕-ロルフィング 久我山スタジオ
スピーカー:ササキ ユウタ(星空メッセンジャー)

世界の星空、旅の話、そしてそれらの経験の中で見つけた本質とはなんなのか。

世界中の星空やオーロラの写真を交えながら、心地よい空間で星空メッセンジャーの話を聞いてみませんか?

きっとあなたにとってのヒントがあるはず。一歩を踏み出すきっかけになっていただけたら幸いです^^

参加料:3500円 (小学生まで無料)
募集人数:10人


※メインスピーカー

『星空メッセンジャー 』
ササキユウタさん

1983 年生まれ。蟹座。 学生時代より地元のプラネタリウムに通い、星を見上げるようになる。 天文光学機器メーカー勤務を経て、 『星』をテーマとした世界一周の旅へ。 43 ヶ国 145 都市を訪れ、世界各地にある天文台やプラネタリウム、星空の美しい場所を巡る。 帰国後も、旅で得た世界各地の神話や星の文化体験を基に、 「いつでもどこでも、今すぐここでも星活を」を信念として、 人々にもっと星空を見上げ楽しんでもらうきっかけを伝えるため、全国津々浦々『星旅』を続けている。


没頭するものがない、、好きなことが分からない、、、
好きなことはあるけど、これって仕事になるの??
なんて迷っている方、『好きを仕事に』を体現している星空メッセンジャーからそのヒントを聞いてみませんか?

好きなことを突き詰めていくと、自分の中に資材(経験、知識、特徴)がたまります。

そして、その資材に気づくことで、それが仕事になってしまう!

星空メッセンジャーが星旅を通じて感じたものとみなさんが目指していることがリンクしたら嬉しいです^^



参加をおすすめしたい方

自分に合った職業を探している人
世界を旅行したいと考えている人
引きこもって一歩を踏み出せない人
好きなことを仕事に楽しく暮らしたい人
星やオーロラに興味がある人 など

☆お子さんに自信をつけたい!やる気になってほしい!好きなことを見つけてほしい!
(特に学生の方や、小さいお子さんに参加していただけたら幸いです。周りにお子さんを持っている方がいたらぜひシェアをお願いいたします🙇



少人数制の距離感の近いセミナーになりますので、お気軽にご参加ください^^

参加ご希望の方は、申し込みフォームからお願いいたします。

 



なぜこのようなセミナーを開催することにしたかと言うと、

「ロルフィング」は【身体と心をつなぐボディーワーク】と呼ばれています。
その意味は、体を整えることによって、心が整う。
すると、自分のやりたいことが明確になります。

クライアントさんの中にも、ロルフィングを受けることにより自信が付きやりたいことが分かった!と言う方が多くいます。

例えば、、

仕事で独立を決めた方、

挫折感を吹っ切れた人、

心が乱れなくなった、

自分の好き嫌いがはっきりしてやりたいことが明確になった、

など。

多くの方が何かしらの形で新しいスタートを切るのを見てきました。体が整うことで、心も整う。そして、心が整うことにより、突き進むやる気が出るからだと感じます。

そんな姿を見ていると僕自身とても嬉しくなり、そういう人をもっと増やすために応援したい、そして一緒に突き進んでいきたい!という気持ちが強くなりました。

この強い気持ちから、自分の道を突き進んでいる人をお招きして、好きなことをして生きていくためのコツをお話していただく機会を作ることにしました。

これからのスピーカーも様々なフィールドで活躍している方をお招きしたいと思います。
(留学や世界一周、そしてもちろん日本で、様々な面白い方に出会ったので、ぜひ期待してお待ちください^^)

第一回セルフケア特別ワークショップを終えて

こんにちは!
耕-ロルフィング 久我山スタジオ 代表の佐藤です。

先日5月2日に久我山スタジオ初のワークショップ『筋膜を蘇らせるセルフケア特別ワークショップ』を開催しました。

5人の参加者の方と少人数ならでは和気藹々とした雰囲気の中、充実した2時間。
最初の30分は座学で筋膜やセルフケアで使う『グリッドフォームローラー』の説明など、後半の1時間半はみっちりとセルフケアの実践!実践!実践!

使い方の裏にある基本的な理論さえ掴んでしまえば様々の部位に応用可能なもの。
今回は、普段のロルフィングのセッションを通じて感じた重要な部位8箇所のリリース方を紹介させていただきました。

そして、ワークショップ後にはお菓子をつまみながらの交流も 笑
その中で聞いた感想やのちにメールでいただいた感想では、ワークショップを開いたからこそ分かるものが多くありました。

今回のワークショップでは使わなかったボール型のツールが意外に好評だったり。
(近いうちに新たなワークショップでご紹介しますね!)

『楽しかった!次回はボール型のやつも開催してね!』

『これからも引き続きワークショップやった方がいいよ!』

など、嬉しいお声をもらい参加者のみなさんに感謝です。

もちろん改善点も数多くありますので、次回6月16日(金)に開催される2回目に向けて磨きをかけていきたいと思います!

(残席わずか!お申し込みは→ 第2回筋膜を蘇らせるセルフケア特別ワークショップ申し込み

ロルフィング10シリーズを現在受けていただいている2名や、ご主人と娘さんに受けていただいた方にご参加いただけたこと、これからセッションとセルフケアの組み合わせの効果を感じていただけたらとても嬉しい。

IMG_6545

『参加者の感想』

大塚 英文さん(ロルファー™)

『今回、同僚のロルファーこーさんが、筋膜に関するセルフケアのワークショップを行うということで興味を持ち、参加した。前半の30分は座学。プロジェクターで映しつつ、たとえ話や画像を交え、文字数が少なく説明があり、わかりやすかった。ポイントが絞れていたため、次の実践編では、グリッドフォームローラーを使ったワークに入りやすかった。身体の下半身と上半身で固まりやすいところが中心に行ったので、ビフォーとアフターが明確に違いが実感。特に臀部のところに効果の違いが感じれた。あっという間の、2時間。自分でも実践できる内容なので、日々の生活に取り入れ、ロルフィングのセッションやヨガの練習にも役立てればと思っている。』

鶴飼 まゆみさん(器械体操指導)
『先日はありがとうございました🙇
少人数のワークショップは、リラックスして受けられて良いですね✨
座学も楽しかったです。足の裏から背面、眉間まで、筋膜の影響が関連している等な~るほど、納得することも多くて…後から、眉間のリリースはグリッドフォームローラーをどの様に使うのかな~と思いました。あの場では、満足してしまって質問も思い付きませんでしたが😅
以前は、テニスボール1つのものと、2つ繋げたものと、スーパーボールを使って自己マッサージをしていましたが、このローラーはテニスボールではいまいちだった箇所への手応えがとてもあります。また、この度ワークショップで教えて頂いた事で、テニスボール、スーパーボールにおいても応用がきき、今までよりも効果が上がっている感覚があります。
1つお話聞けるといいなぁと後でおもったことは、ローラーを3種類の方法で動かしましたが、何を目的にあの3種類なのだろうということ…漠然と体感的な効果からこんな理由かな~?と感じてはいますが、説明があったらもっと納得だったかな と思いました。
とても満足のワークショップでした。
出来る限りこまめにリリースして、からだの変化を楽しみたいと思います🙇
ありがとうございました🙇

池田博徳さん(テニス/コーチング)

『私は普段ジムでの筋トレの前後にストレッチをしていたのですが、そのストレッチ動作の前にWSで学んだセルフケアをしてみたところ、一段と身体の左右のバランスが整い、さらに柔軟性が増したのを実感しています!! 前屈、後屈、回旋などは顕著に表れています。
いままでのストレッチ動作では、身体が充分解れていなかったのでしょうね。
正直痛みの激しい部位も出て来ますが、それもだんだん快感に(笑)
今では筋トレ前後のみならず、寝る前にもセルフケアを軽く行っています。』

佐藤 隆さん(ランナー)

『筋膜リリース!という言葉に興味を持ってからセッションに行き始め、そして今回のワークショップ。
自宅で出来る筋膜リリースを知りたかったので参加しました!
セッションからセッションの間に効果が落ちちゃうんじゃないか?と思っていたもんで😅
スパニング?フリクション?トリガーポイント?等、今まで知らなかった言葉とその実践、とても為になりました‼️
柔軟性は以前より上がったように思いますし、可動域も広がったかなと思います。
自宅でゴロゴロしながら、ほぼ毎日、少しの時間でですが継続しています。
一つのグリッド フォームローラーで沢山のセルフケアが出来るとは嬉しい限りです😃
マッサージボールの使い方も教えて欲しいな、と思います!』

ロルフィング10シリーズ 感想(会社員/男性/20代)

先日ロルフィング10シリーズを終了されたY.S.さんからご感想をいただきました。

胃弱体質と姿勢改善のために受けていただき、セッション毎に無理のない自然な変化を感じていただけたようです。ロルフィングはシリーズ終了後の半年間の変化も大きいので、これからもいい流れが続いてくれたらと思います。

休みを利用して海外を自転車で廻ることが趣味のY.S.さん。年末年始もモロッコからヨーロッパを廻ってきたようです。毎セッション楽しい話を聞かせていただきありがとうございました!

(Y.Sさんの感想を読んでいて、旅と身体は似ているなぁと思い出しました。昔、こんなことも書いていたなぁと→  旅と身体)


・ロルフィングをなぜ受けようと思ったのか?

胃弱体質改善、姿勢改善するためです。

・ロルフィングを受けている期間のこと?(印象に残ったことなど、、)

普通の整体やマッサージの施術では体験したことない手法があり毎回とても新鮮でした。特に体調、日常生活、身体の姿勢チェックが施術前後にあり、感覚と頭で理解して毎回セッションに臨めたところがすごく助かりました。

・10回のシリーズを終えてみて?

1セッション毎に進展しながら変化したので、終えた後もこの流れが続けられればと思っています。

・施術者 佐藤の印象は?

佐藤さんとはご縁がありシリーズを始めさせてもらいました。佐藤さんはとても聞き上手でセッション中もリラックスできました。あまりこうあるべき、すべきなどはなく、自分の感じたことや気付きを大事にした上でアドバンスをいただいたので、より日々意識しやすかったです。

・ロルフィングをお勧めしたい人は?

運動している人。 身体に対して新たな視野をもらえると思います。