器の大きいバカ

51io8MAISHL._SX316_BO1,204,203,200_
表紙のインパクトには勝てず、この本を購入。

本の著者の村上和雄さんは遺伝子工学の科学者。遺伝子と笑いの関係を真面目に研究するという変わり者。もう一人の宮島賢也さんは、薬を使わない精神科医というこちらも変わり者。題名に当てはめるなら「バカ」なお二人になるのだろうか。

この本を読んで思ったことは、「自分をありのままに認める」そして、「疑いもなく全肯定してみること」の大切さ。なにをしているあなたではなくて、ただただそこに在るあなたを認める。人間は99.5パーセントは同じ遺伝子情報を持っているらしい。しかし、残りの0.5パーセントの違いが、各人それぞれの特徴と役割になる。

本の中では、難病に侵され、医者に全快の可能性は500分の1と宣告された人の話が出てきます。ところが、その患者さんは見放されたと諦めるのではなく、医師に任せきりではよくない、自分でなんとかしようと考える。

そして、コミックやコメディ番組、コメディ映画を観て、大声で笑う時間を増やした。その結果、体調はみるみる良くなり、2週間後には退院、そして数ヶ月後には職場復帰を果たしました。

「病は気から」。

遺伝子のスイッチをオンにすることにより、カラダに良い影響が起こる。

「笑いと治癒力」(著者ノーマンカズンズ)という本が本書中にて紹介されていた。興味深いので一度読んでみたいと思う。

imgres
アメリカ人との会話の中で、比較的よく出てくる言葉に「Don`t Judge Me」というものがあります。日本語に訳すと「決めつけないで」や「あなたのものさしで測らないで」という意味になるのか。

その当時は、個人主義のアメリカならではの言葉だなとも感じたが、今改めて振り返ると、こう言われている気がする。

「人を判断すると、あなた自身を判断することにもなるよ。」

人に対して、評価の目でみると、その目は自分自身にも向かう。
その逆もしかり。自分を厳しく評価していると、その評価の目は他人にも及ぶ。

Don`t Judge Me という言葉が、Don`t Judge Yourselfと同義語だと気づかされる一冊。

火花を読んでみた

41IUgeZHdNL._SX230_

流行りに乗って、お笑い芸人、又吉直樹さんの「火花」を読んでみた。
本を読むのは好きだが、小説はあまり読まない。
お笑い芸人さんの小説はたまに読む。
それは、答えがないところで、自分をピエロにして、周りの人を喜ばせる。そんな姿勢を格好よく思っているからかも。これからはもっと小説も読んでいきたいなと思う今日この頃。というのも、最近、近しい人に自作の短編小説を見せてもらったのだが、その中での表現の多様さに目を見張ったから。事実を簡潔に伝えるのも大切だが、読み手の頭の中に鮮明なイメージを浮かばせて、自らが体験しているような錯覚を生み出す表現方法を勉強したい。

本を読んでみて感じたことは、ロルフィングをやっていて思うところとも共通点があった。
お笑い芸人には自らが信じるおもしろいものがある。しかし、観客にそれがウケるかは分からない。その時に、「自分のこだわり」と「相手への理解」のバランスをどう取っていくか。また自分のこだわりは変えずに、その表現方法、伝え方を変化させて、入道口を大きくするのか。これはどのプロフェッショナルでも言えるものかと思う。最近ワールドカップで盛り上がった女子サッカー。世界の大舞台で前回優勝、今回は準優勝という結果を残しているのにも関わらず、代表選手が無給で競技をし、バイトで生計を立てる。キャプテンの宮間選手が言うように、これからどれだけ文化として定着していくか。彼女たちが好きなサッカーを多くの人に楽しんでもらえるように、どうバランスを取っていくのか。選手としては実力を上げながら、大きな観点では女子サッカー全体を思う。ちなみに宮間選手が同い歳だということを知って、少しへこむ。

その反面では、小説の登場人物「神谷」のようにたとえ理解されることがなくても、どこまでも自分の笑い、こだわりを貫く人。そんな人物への憧れは誰もが持っている気がする。変化することも大変だけど、変化しないこともまたすごい。何が答えかは、自らが納得できるかどうかなのだろう。「生きている限りバッドエンドはない」と言っている。

「本」「旅」「出会い」を大切にしたい理由。

日本に帰って来てから、早くも半年以上が過ぎました。

アメリカ滞在から世界一周で、日本からかなりの期間離れていました。
浦島太郎感はいなめませんが、帰国後もたくさんの方に助けられながら、なんとかやってきています。

特に今月はいろんな方との再会や食事会の機会が多く、人に会うことでたくさんのパワーをもらえるなと再確認しているこの頃。

自分の中で、昔から大切にしたいなと思っている3つのことがあります。

それは、

「本を読むこと」

「旅をすること」

「人に会うこと」

先日、そんな話しを友人にしていた時に言われて、はっとした言葉。

「結局のところ、こーすけさんが見てるのは人なんですね。」

「本」「旅」「出会い」違う方法から見ていたものは一緒だったのかも。

book

留学時代からかなり読み始めた本。

なんで本を読むのか?

それは、自分の知らない人生や経験、そこから得た知恵を垣間見る。単純に、人生に生かす知識を増やす。もしくは、楽しさや悲しみ、感動などの感情を経験する、新たに発見するなど。

その目的はさまざま。

だけど、すべての本に通じることは、それがどんな種類の本であったとしても、「著者の表現したものが本に詰まっているということ」なんじゃないかなと。

著者が伝えたいこと、表現したものを、本という方法を使って知ることができる。

旅も同じだと思う。

footprint

旅をすることで、未知の場所を訪れ、異文化を知り、雰囲気を感じ、その土地の食や建築物を見ることができる。そして、旅の中でたくさんの人にも出会う。

旅に求めるものは人それぞれ。しかし、それが何であったとしても、その土地独特のものは、その国や地域の人が作りあげてきたもの。

食でも、建築でも、医療でも、文化でも、

人が築きあげてきたものを知ることで、人を知ることにもなる。

旅で出会うものはすべて、その土地の人が築きあげてきたもの」

meeting people

最後の「人に会う」というのは、文字通りですよね。

人に会えば、その人の雰囲気や姿勢、考え方や哲学、自分とは違うものをたくさん見ることができます。

自分とは違うものを持つ人、対照になるものを通して、自分を更に理解していく。

自分と似たものを感じる人に出会い、信じるものをさらに確立していく。

「人に会うこと、話しをすることで、自分がなにものなのかを知っていく」のかなと思ったりします。

単純に人の話しを聞くのが好きっていうこともあるんですけどね。

10914729_817935274933671_1951730476831212851_o

幸運にも、たくさんのユニークな方々に会い、話しをする機会があります。

「伸びる人は、バカでまっすぐな人」

「三十路なんてまだまだ。40代からやっと独り立ちよ」とバリバリのキャリアウーマンの方に言われて、はっとしました。

自分の信じる道にまっすぐ。

あと約1週間で30歳。

少し落ち着こうとしていたのが、似合わない。

30代もバカでまっすぐに突き進みたいと思います。

感覚を止めないことで見えるたくさんの疑問。そして楽しみながら考えるプロセス!

先日、友人と食事に行った時に話題に上がったこと。「どうやったら本や人からのアドバイスを自分の中に落とし込むことができるか?」僕が思うには、一番大事なのは「疑問を持ち続けること」かなって思います。


答えの前には疑問がある

人から、本から、インターネットから、どんな媒体でも情報を求めている時は、まずは「なんで?」という疑問があると思います。

質問をしなければ、答えは返ってこない。メールを送らなければ、返信はこない、と同じで、まずは能動的な「なぜ?」がなければ、答えは見つかりにくいのかなと感じます。

だから、「どうやったら上手くその情報を落とし込めるか?」を考える前に、まずは「どうやったらいい疑問を持ち続けるか?」を考える方が大事。

例えば本を選ぶ時。「本を選ぶ」ということが自体が能動的ですよね。どの本を選ぶかという理由は、《興味がある》、《勉強がしたい》、《悩みに役立てたい》、《ただの気分》、いろいろあると思いますが、その本に何かしら惹かれた理由があるわけです。

そして、惹かれることの根底には疑問がある。

そして、「疑問」を頭に持ちながら、その本を読んでいると必ずどこか「答え」、少なからず「何かひっかかるところ」が出てきます。

同じ本でも、読むときの年齢や状況が変われば印象に残るところも違う。それは求めるものが違うと、同じものから得る情報、そして自分への落とし込み方も変わっていくということ。

まずは、自分からでる「なぜ?」ありき。

本に限らず、人からのアドバイス、インターネットからの情報、電車の中釣り広告さえも一緒かなと思います。


考えや感覚の流れを止めないこと

water

「なぜ?」を持つきっかけは、たくさんあります。日頃見ているものにも、「なぜそれがあるのか?作られたのか?誰が?」を考えるとそれはすべて疑問になります。

だからこそ、その素直な感覚をフィルターにかけないようにした方がいいんじゃないかなと思います。

ロルフィング®では、「疑問をを持つきっかけ」があちらこちらに散らばっています。というのも、セッションではクライアントさんの感覚や考え方に目を向ける機会が多いから。

例えば、「いま、立っている感じはどんな感じですか?」や「歩いてみて何か気になるところはありますか?」など、とても大きな質問を投げかけます。

普段、カラダの感覚や動きに注意を向けることが少ない方たちは???? 戸惑ってしまいます。

普段の忙しい生活で、常に外にばかり目が行き、カラダの素直な感覚を感じることが少ないのかなと思います。あるものをありのままみる、感じるものを感じるまま感じる。そんな単純なことがとても難しくなってしまいます。

なんの制限もないところで、ありのままの感覚をみる時間を過ごすことで、今ままでリミットをかけてきた自分を自由にできればなぁと。

ふだん難しいのであれば、ロルフィングのセッションだけでも、自由になってくれたら嬉しいなと常々思っています。

私たちはその手助けをしているだけなのかなと。

「感じるもの」は正直なんでもいいんです。それは、その人にしか感じられない、今しか感じられない特別なもの。

主役はクライアントさん。

感覚を鋭敏にして、そこにあるものを感じる、表現してみる、そうしていくと、自然とたくさんの疑問が出てくると思います。


疑問を恐れない、考えるのは楽しい

thinker

「疑問を持つ」ということは、人によってはとても怖いことに感じるかもしれません。それは、疑問を持つ=分からないことを認める。ということになるから。

そして、一旦疑問を持ったら、答えを求めたくなる。そんなプロセスを面倒くさく感じてしまう人も少なからずいるのかなと。

しかし、考えるということ/疑問に持つという行為は、決して写真の「考える人」のように悩ましげな辛い行為でなく、「新しいものを知る」というとても楽しいプロセスです。

子供は、「なんで?」の達人。
何を見ても興味を持って、質問の嵐。あの姿は、悩ましげには見えないですよねw

成長すれば、自分で答えを探す手段が増えます。使わない手はないですよね。
という流れが理想的かなと。

バンザイしながら、考えたっていいんです。

まずは自分の感覚や考え方に素直に。そこから浮かんだ疑問を大切に。

そこを大切にさえしていれば、本や人からのアドバイスを含む外からの情報を自分へ落とし込むことはたいして大変なことではないような気がします。

あやふやな属性を理解することによって見えるホントウの自分。こだわるべきところを知ろう。

Belong

海外に出て旅をしてよく考えることがある。それは私たちはどこに/何に属しているのか?正直、僕自身はあまり何かに属することが得意ではないと思う。学校や組織、職種などいろいろなものに私たちは属している。そして、それを誇りに思ったり、時には執着することになる。学生時代には学校があり、クラスがあり、部活がある。レベルの高い学校に、強豪の部活、芸術やスポーツコース、進学に有利なコースなど。属するものは細かく分かれていく。そして、就職をすれば、職種や会社が一番の属性になる。細かく分けると部署や役職。大きな枠から小さな枠。

Social

しかし、私たちが信じている「属性」は思ったよりしっかりしたものではない気がする。場所や状況によって変動するあやふやなもの。例えば、初めての人ばかりが集まるパーティーなどに行くと、同じ出身地(属性)の人がいると、それが共通項になって、親近感を持つ。しかし、一旦日本を出ると、日本人(属性)というもっと大きい枠組みの共通項で仲良くなれる。もっと大きく分けていくと、アジア人やアフリカ、ヨーロッパなど。今ままでは考えもしなかった「大きな枠組み/属性」が場所や状況を変えることによって見えてくることがある。

global_diversity_0

身体を専門ににする職種も多様にある。ロルフィング®はその中の一つである。だから、僕自身は今「ロルフィング®」というものに属しているし、多くの人に知ってもらいたいと思っている。その理由は決してそこに属しているからではなく、ロルフィングが「多くの人にとっていいもの」=「属性」であるから。ロルフィングという「属性」にはこだわらずに、もう一つ大きな枠組みにこだわるようにしている。「属する」=「こだわる」レベルをどこに求めるかで、軸になるものは大きく変わっていくように思う。

face-to-face

あやふやな属性の中で、やはり立ち返るところは「個人」になるのかなと思います。肩書きや属性などで鎧をまとうと、周りからみると「どんな人か?」が分かりやすく便利ではあるし、とっかかりにはなりやすい。そして、属性を持つことによって安心する人も多いと思います。なぜなら、属するもの=アイデンティティになるから。属するものは変化する。そして、こだわりながら、こだわらない。常に変化していくものだからこそ、個人レベルでの関わりを大切にするのが一番かなと思う。

という今日の独り言。

あなたがそれをやる理由は?楽しい「から」やるのか、楽しいことの「ため」にやるのか?

なんでそれをやるのですか?
Why

人が何かをやる時に考えること/理由に、まずは「これをやれば何かを達成できる=未来の自分にとって楽しいことが待っている」。この場合は未来に重点が置かれているから、「今やっていること」は、ただの準備になる。だから今が楽しいか辛いかは大きな問題ではない。例で言えば、スポーツ選手が4年後のオリンピックの為に、厳しく辛いトレーニングを毎日続ける理由は、オリンピックでメダルを取るという「未来の自分」が幸せを感じる為である。反対に「今、楽しいことをやる人」は未来の自分を想像する必要なしに、楽しいことをしている。(旅人などはこういう人が多いかもしれない。究極は赤ちゃんかも)。学生など、これから何をするか、将来かけて何を仕事にしていくかを考えた場合はどちらを主点に置いた方がいいのだろうか?日本の教育の傾向からみると将来苦労しない為に、勉強をして、いい学校、仕事に就く為に、今辛いことをすることが「素晴らしい」ことになっているような気がする。そして、実際にその目標を達成した時に残るものはなんなのだろうか?ある起業家の方が本で述べていたこと。「夢は雲のようなもの。掴んだ時の気持ちは、嬉しくって仕方がないでも、明日が不安で仕方がないでも、ドキドキした興奮する気持ちでもなく、ここまでやったんだという達成感でもなかった」掴んだ夢や目標は一旦掴んでしまうと雲のように消えていってしまう。では、なぜそれを追い続けるのか?「ただ夢を追うそのプロセスが素敵なんじゃないか」。一つの目標を達成したら、その先には新しい目標ができる。掴んでは消えて、掴んでは消えての繰り返し。だからこそ、夢や目標を持つのはとても大事だが、その為に「今」をおろそかにすることはとても恐ろしい気がする。なぜなら、一番大事なの「今歩んでいるプロセス」だから。特にスポーツや競争の世界で生きている人の多くは、この盲点に陥っている人が多いかもしれない。僕もそうだったが(今でもその傾向はあるがw)、目標の為に人より厳しく、耐えて、自分を犠牲にして、未来の幸せの為に頑張る。その中で学ぶことも沢山あるが、「勝ち負け」で白黒がはっきりつく世界だからこそ、その過程を認める自分がいないときっと辛くなってしまうと思います。どちらが良い悪いではなく、バランスの問題。今から繋がる未来なのか、未来から繋がる今なのか?少しの見方の違いで、余裕がでることもあるかもしれませんね。

という独り言。
Process